高知・2 早明浦ダム
一度は見てみたいと思っていた早明浦ダムまでドライブしました。
f0071732_16272759.jpg

f0071732_1628674.jpg
貯水率が90%を切っているようなのですが、まだまだ水を満々と湛えています。
湖面を渡る風が涼しくって気持ちいい。
この水に、日々の生活を助けてもらっているのです。





ダム湖の畔に小さな八坂神社を見つけ、折角だからお参りをしておこうと車を停めました。
神社へと続く石段の下でまずは写真を撮っていたら、
上から「今、祭りをやっていたんだけど、いいから上がってきなさい(これを高知弁で)」と、
声がかかりました。
祭りをやっていた?ん??
訝しみながらも石段を上がっていき、神社にたどり着くと、
年配の男女10人くらいが、なにやらお堂?の後片付けをしていました。

「『じんさい』をやっりょったんやあ~」とは、最初に声をかけてくれた、おじさん。
じんさい?神祭?地祭?鎮祭? うーん、なんだろう?
「どっから来たんな?」に「高松です」と答えると、ぱっと顔が変わった。
集まっていた人たちは皆、ダムの底に家が沈んだ人たちだったのだ。
たぶんこの”まつり”も、それ関連で集まって催されているのだろう。

顔が変わったといっても、別にイジワルをされた(言われた)わけではない。
それどころか、お供えしてあったというジュースをくれ、
どら焼きみたいなお菓子を2つくれ、
終いには「お昼、食べたんな?まだな?残り物には福があるから」と、
宴会の残りまで頂いてしまった・・・!

f0071732_1752429.jpg

「来年の今頃、またやっちゅうからまた来いまい」
そういい残して、集まっていた人たちは散り散りに帰っていき、
あっという間の出来事に、私と夫はただ立ち竦むだけだった。

ダム建設で土地を追われた人と、ダムの恩恵にあずかっている人。
なんとも不思議なめぐり合わせであった。

↑のお寿司その他、車の中でありがたくいただきました。
とてもおいしかったです。
[PR]
by hami_tree | 2008-07-13 19:00 | おでかけ(県外)
<< 今日の収穫 高知・1 >>