仏生山大名行列
一度見てみたいと思っていた「仏生山大名行列」を見に行ってきました。
仏生山(ぶっしょうざん)はかつては門前町として栄えた町です。

f0071732_17465639.jpg大名行列まで時間があったので、
まずはちきり神社へ。(写真)

屋台でごはんを食べた後は
法然寺へと行きました。
祭りの喧騒とはうらはらに、
しっとりと落ち着いたこのお寺で、
寝釈迦の像を見ることができました。
「嵯峨の立ち釈迦、さぬきの寝釈迦」といわれているのだそう。
そんなすごいものがあったなんて!

人も少なくて、ゆっくりと静かに見て回ることができたのがなによりでした。





f0071732_1810098.jpgf0071732_18101129.jpgf0071732_18101995.jpg
大名行列は2時スタートです。街道をゆっくりと歩いてきます。
お馬に乗っているのは、初代高松藩主、松平頼重公(という設定)。

f0071732_1814244.jpg途中で頼重公暗殺を狙う、という形で
殺陣のシーンが入りました。
悪役が観客の子供を人質にとったりして
なんともほのぼのムード(笑)。
ちょっとお笑いもあったりして、
いい感じの小芝居でした。

全体的にゆったりと楽しめたお祭りでした。
疲れていたので早々に退散したけど、
来年はもっとゆっくり楽しんでみたいです♪
[PR]
by hami_tree | 2006-10-22 15:00 | おでかけ(香川県内)
<< 家具、その3 ワイン・パーティ >>