木婚式
f0071732_16545753.jpgずっと保留になっていた、
夫用の机を作ることにした。
「作る」と言っても、DIYではない。
オーダーするのだ。
既製品もいろいろと見て回ったが、
なかなかコレ!と思うものが無くて、
オーダーをすることにしたのだ。
オーダーと言っても、比較的安価なもの。
大工さんが、2X4材で作ってくれるのだ。

注文するにあたって、サイズの割り出しと、
デザインを決めなければいけない。
前日17日、メジャー片手に
あーでもない、こーでもない。

結局、「引き出しの無いシンプルな机」と、本棚を作ることになった。

そして折角注文するのだからと、私のほうでもかねてからもくろんでいた棚を作ることに。
まず、鍋を置く棚。これはそう大きいものではない。
ガーデングッズ用の棚。
今は勝手口の近くに木箱を置いていろんなものをぽんぽん入れてあるけれど、
見た目が良くないので、この機会に変更。
プリンター格納棚。PC周りはすぐに雑然としてしまう(^^;)
スキャナやペンタブも片付けれるように。

木の机や棚を作ると決めてから、分かったことが一つ。
結婚5年目は「木婚式」なのだそう。
6/17に5周年を迎えた私たちにとって、この木製品がちょうどいい、記念日の贈り物となった。

夜は挙式したレストランへ。




去年はなんだかんだで行くことが出来なかったので、
このレストランへ来るのは、たぶん2年ぶりくらいになると思う。
もしかしたら3年ぶりかもしれない。
(・・・2年前の夏って、胃カメラ飲んだくらい食欲無かったし・・・)

いつもはそこそこ混んでいるのに、今日はそうでもなっかった。
家族連れが1組。1人で来ている男性が、2人。
私たちの少し後で、私たちより年上のカップルが1組きただけ。
・・・それにしても、フレンチレストランに1人で来る男性って・・・?!(@_@;)
そもそも、今日は父の日でしょう?(2人ともそういう年齢の方でした)
・・・深くは詮索すまい。

予約していたこともあり、フロアマネージャー(という表現で良いのかな?)のIさんは、
「5周年ですね、おめでとうございます」とおっしゃってくれた。
お酒を飲まない私たち夫婦に、ジンジャーエールを出してくださったり。
(Iさんはたしか、香川で一番最初にソムリエの資格を取った方だったはず)
料理はシェフのお任せコース。
好き嫌いが無いので、なんでもどーんと来い!です。

前菜はゴマ風味のムースのようなもの。
上に乗ったイクラが濃厚で、これだけでノックアウト!(笑)
フォアグラ。 ・・・そういえばフランスからの輸入規制がかかってたと思うけど、
今はどうなったんだろう?
サザエを使った一品。八竹らしきものも見え隠れ。
コンソメスープにはエビのミンチが入ったラビオリが入ってて、
浮身にパクチー、もといコリアンダーが添えられてて不思議な感じ。
白身魚のムースをアミタケと花ズッキーニで包んだものは
極上のクリームソースが添えられて。
オマールはいつもはグリルなんだけど、今回は冷製で煮こごりになってて。
この煮こごりがさわやかで、もう幸せ。
お口直しにミントシャーベットを頂いてから、メインディッシュへ。
今回は初めてハトをチョイスしました。
思ったほど臭みも無く、香ばしく焼き上げてあったのでおいしかったです~。
デザートはだんなさんはパイナップルのキャラメルかけマンゴーソース添えを、
私はサクランボのコンポート、バニラアイス添えをチョイスしたのですが、
それぞれに直径10cmくらいの、しっかり焼いたクレープのようなものが添えられて、
それにはチョコで「Bon Mariage」の文字が!
こんな、さりげない心遣いがほんとに嬉しいです~(T-T)
そしてコーヒー(私は紅茶)。

久しぶりのフル・コースにお腹はパンパンです。
・・・夜中、胃がもたれてあまり眠れませんでした・・・よよよ。
[PR]
by hami_tree | 2006-06-18 21:00 | 日々のこと
<< 梅 タイム >>